1. ホーム
  2. 道東エリア
  3. 道東エリア温泉

阿寒郡の温泉めぐり

阿寒湖温泉は、全国的にも有名で「マリモ」の生息地で知られる阿寒湖の南側にある道内でも指折りの温泉地です。周辺には数多くの施設があるので入浴前、入浴後にでも楽しめます。交通手段としては「JR根室本線で釧路駅下車、阿寒湖畔行きバスで約120分」となります。

釧路の温泉めぐり

川湯温泉は、名前の通り、街中を蒸気をあげながら湯川が流れる温泉郷らしい情緒が漂っています。 湯は、硫黄泉(美肌や皮膚病、神経痛やリウマチに効能)です。交通手段としては「JR釧網本線の川湯温泉駅から川湯温泉行きバス約10分、終点下車」となります。

弁慶の足湯は、阿寒湖を眺めながら景観を楽しみ、一日の足の疲れを時間があれば何も考えずに大自然を満喫して足の疲れを癒せます。また、無料で自由に疲れるのが更なる魅力です。交通手段としては「JR根室本線の釧路駅から阿寒バス阿寒湖畔行きで約120分、終点下車で徒歩約7分」となります。

羅臼の温泉めぐり

セセキ温泉は、波打ち際にあるり、潮が引く干潮時だけに浴槽が突然姿をあらわす珍しい露天風呂です。まるで海の中にある温泉に入っているような錯覚してしまいそうな感じになります。交通手段としては「ウトロ温泉バスターミナルから車で約70分」となります。

相泊温泉は、知床半島の最東端に位置する浜辺にある露天風呂です。入浴しながら遠くに国後島の薄らと姿を見ることができます。交通手段としては「ウトロ温泉バスターミナルから車で約70分」となります。

ウトロの温泉めぐり

カムイワッカ湯の滝は、大自然を探訪しながら温泉がある滝壺まで徒歩で目指します。たどり着いた人だけが味わうことができる天然の滝壺にある露天風呂です。交通手段としては「知床自然センターからシャトルバスで約30分、カムイワッカ下車、徒歩で約30分」となります。

http://www.bretagneprovence.com/hotel/nagasaki/obama/

⇒『小浜 ホテル』の一押しはここが一押し

http://www.7stonescafe.com/hotel/iwate/tono/

http://www.albertomingardi.com/biz/miyagi/ishimaki/

『三重 ビジネスホテル』についての注目サイトをご紹介