1. ホーム
  2. 道南エリア
  3. 道南エリア観光

道南の色々な観光施設

道南地域でも色々な観光(見所)スポットは数多くありますが、ここでは観光施設に関してご案内をしていきたいと思います。沢山のスポットがありますので何箇所の施設をご案内していきたいと思います。シーズンにより営業時間など変動する施設もありますので事前確認は忘れずにして下さい。施設料金も変動しているかも知れませんので事前確認は忘れない様にして下さいね。

函館市の施設スポット

青函連絡船記念館摩周丸は、80年間もの長いあいだ青森から函館の連絡船として、活躍してきた功績が称えられ、青函連絡船の80年間の歩みを自らの母体に資料展示することにより深みのあるものになっています。1988年3月に青函海底トンネルが開通するにあたり、JR津軽海峡線が開通したこで役目を終えることになりました。

金森倉庫群は、明治から昭和にかけて使われていた赤レンガ造りの印象的な建物が連なって並んでいます。その赤レンガ倉庫を改装してショッピングスポットとして生まれ変わらせたことにより観光客の方々だけでなく地元の人達にも足を運んでもらえるようになり人気ある場所になっています。おしゃれな雑貨やクラフト、アクセサリー、アンティーク商品を扱うお店などが数多くテナントとして入っています。ちょっと歩き疲れたとしてもカフェなど休憩できるショップもあるので一休みしてからまた色々なものを見て回るのもよいかもしれません。一日いても飽きることはないでしょうね。

函館ハリスト正教会は、1859年にロシア領事館の礼拝堂として建てられたもので、銅張りの青い屋根などがこの教会の一つの目印となっています。1983年に国の重要文化財に指定されています。

北海道立函館美術館は、北海道の道南地域出身の作家の作品などが展示されています。美術館の周りの庭園も芝生がひきつめられていて外からでも楽しむことができます。

五稜郭タワーは、公園内にあり、五稜郭公園築城100周年を記念して建築されたものです。展望部分からはあたり一面見渡せるパノラマビューで、五稜郭の星形(公園)や函館の街並みなど遠望できてしますタワーです。1階部分には、歴史的資料も展示ているので函館のむかしを感じることもできます。

福島町の施設スポット

横綱千代の山・千代の富士記念館は、相撲ファンなら知らずとして知られたこの二人!第41代横綱千代の山、第58代横綱千代の富士の出身地であるこの地に多大なる貢献をたたえ記念館が建てられました。館内は、二人の功績をふりかえることができるように優勝トロフィーや賞状の数々が展示され嘗ての栄光の数々取り組みなどが大画面で流されているので思い出深いものを感じる人もいるかも知れません。

松前の施設スポット

松前城は、2度の火災のあと復興したもので、現在のお披露目されているお城になります。辛うじて当時のまま残った本丸御門は、国の重要文化財に指定されています。松前城がある松前公園には、約1万本もの桜(250種類以上)が植えられていて開花季節になるとあたり一面に桜が咲き乱れます。

江差の施設スポット

江差追分会館は、むかしの良き文化を現代に伝え残そうとの目的で建てられたのがこの建物です。館内には、変遷をたどることができる資料、民俗資料などの展示が行われています。設置されている舞台では、数多くの郷土芸能の実演が行われたりしています。今では、その功績が認められ北海道の無形民族文化財に指定されています。

http://www.albertomingardi.com/biz/yamaguchi/iwakuni/

⇒「柳井 ビジネスホテル」をおさがしならこちらのページ