1. ホーム
  2. 道北エリア
  3. 道北エリアの観光

旭川市の施設スポット

旭山動物園(旭川)は、日本最北端にある動物園としても、動物たちの行動展示で全国のみなさまに知られるようになった旭山動物園は今では全国から足を運ぶ人たちでいっぱいです。ホッキョクグマ、アザラシ、ペンギンなど、園内にはゆかいな仲間がいっぱいで、訪れる人々を楽しませています。また、運行数はあまりないようですが旭山動物園へ行くまえからテンションを盛り上げてくれそうな乗り物があるみたいです。その名も「旭山動物園号」ホッキョクグマ、オオカミ、ライオン、チンパンジー、ペンギンなどをモチーフにしたイラストが電車に描かれていて社内も色々な工夫がされているみたいです。

上野ファーム(旭川)は、四季折々の草花(植物)を肌で感じみて楽しむことができるとても広大なガーデンです。冬は、一変してあたり一面が雪化粧となるそうです。ガーデンには、カフェも併設されているので色々な楽しみ方ができると思います。もちろん冬でもカフェは営業しているそうです。

稚内市の施設スポット

稚内公園(稚内)は、小高い丘に位置するため稚内の市街地が一望できます。園内には、開拓当時の様子をかいま見れる北方記念館、氷雪の門、九人の乙女の碑、南極観測樺太犬訓練記念碑、樺太犬供養塔など各所に点在する記念碑もみのがせません。

ノシャップ寒流水族館(稚内)は、北の海に生息する生き物が集められた水族館です。普段生活していて私たちにとっては余りにも身近に感じられる生き物も目することができ、その数は100種類以上となっています。もちろん色々なペンギン、色々なアザラシと出会うことができます。などもいます。物の一つとなっていてです。

下川町の施設スポット

アイスキャンドルミュージアム(下川)は、毎年2月中旬頃におこなわれ幻想的な世界へ引き込まれていきます。複合イベントのため、いろいろな世界を楽しめます。また、町全体が幻想的な世界となるため一歩でも入り込むとそこは別世界、日ごろの世界とは比べることができないほどの感動が待っているはずです。

紋別市の施設スポット

氷海展望塔オホーツクタワー(紋別)は、紋別港の第3防波堤で、世界で初めての氷海海中展望塔です。海中の世界や海上からの世界を色々な視野で見ることができます。冬などは流氷を眺めることもできるので神秘の世界を見ることができます。

幌延町の施設スポット

トナカイ観光牧場(幌延)は、1999年のクリスマスに「トナカイ観光牧場」がオープン。一年間を通じてトナカイを見ることができ、なんと入場料が無料のシーズンもあるみたいですよ。毎年5月頃には愛くるしい赤ちゃんトナカイが生まれます。また、日本では栽培がとても難しいとされるプルーポピー「幻の青いケシ」とも呼ばれる花が6月中旬から7月中旬頃には楽しめます。

初山別村の施設スポット

しょさんべつ天文台(初山別)は、日本国内では最北端の天文台(天体望遠鏡を完備)となります。素晴らしい景観の中に建てられているため天文観望するもよし、美しい自然で癒されるのもよし、いろいろな楽しみ方ができると思います。

小平町の施設スポット

重要文化財旧花田家番屋(小平町)は、1971年に国の指定重要文化財となり日本国内では最北端の重要文化財となります。2011年には北海道遺産にも選ばれています。ニシン漁が最盛期のころには道内でも有数の鰊漁家として名が知られていたそうです。資料館などで当時の様子を窺うこともできます。また、今では「道の駅おびら鰊番屋」が併設するように建てられているため年間を通じて多くの人が訪れます。

富良野市の施設スポット

北の国から(富良野)は、富良野といえばラベンダーが有名だと思いますが、かたを並べる位有名なのがテレビドラマの「北の国から」そのままを体感?いやその中に入りこんでしまった様な体感が出来てしまうかもしれません。リアルタイムで見ていた人も見ていなかった人でも色々な体感ができるそんなスポットが富良野市(麓郷)にあります。「北の国から」の世界をさらに盛り上げてくれそうなパスポートまであるみたいです。「五郎の石の家・最初の家」、「拾って来た家-やがて町」、「純と結の家」、「麓郷の森」などの施設があります。

羽幌町の施設スポット

北海道海鳥センターは、日本で初めてできた海鳥専門の施設です。海鳥の生態を調べ絶滅危惧種など保護などもおこない、ジオラマや模型などの展示物などにより生態系など分かりやすくされています。ここでいろいろな事前知識をたくわえバードウォッチングなどすると面白いかもしれません。

焼尻島の施設スポット

めん羊牧場は、町営の「めん羊牧場」で、島の大半をしめる緑のじゅうたんみたいな牧草地です。ここから眺める海面(海岸線)、や天売島の景観がとてもきれいなのです。

利尻島の施設スポット

利尻町立博物館は、むかし漁業がにぎわっていた頃の漁師町の風景などの歴史や文化などの展示資料館です。たとえば、タラ釣り漁、ニシン番屋など説明などがあります。

JRで行く九州旅行
夏休みの計画は?

『韮崎 ホテル』についてのオススメ情報一覧をご紹介

『岐阜羽島 ホテル』についてのオススメ情報一覧をご紹介

http://www.ana.co.jp/domtour/area/kansai/